ブログトップ
Diamond's...RED -浦和と共に2009-
alsowsind.exblog.jp
                        Next Match 2009.9.27 14:00 J1 27 Sec REDSvsMARINOS
カテゴリ:J.LEAGUE( 26 )
J1 第26節 川崎0-2浦和 @等々力
Jリーグ第26節
川崎フロンターレvs浦和レッズ 
9月19日(土)19:03キックオフ・等々力陸上競技場
試合結果
川崎フロンターレ0-2(前半0-0)浦和レッズ
得点者:67分ポンテ、80分啓太
入場者数:22,390人
-----------------------------------------------------------------------------

前節、9試合ぶりの勝利を挙げ、 ここから! という所での川崎戦。相手は好調で厳しい戦いになると思っていました。
レッズはGK山岸が入り、梅崎が今シーズン初スタメンで出場しました。
前半は両チームともチャンスが少なく、シュート数も4:3と劣り気味な展開。
後半に入り、少しずつ展開が速くなっていきます。
そんな中67分、ポンテがFKを蹴ると、緩めのボールはそのままゴールへ。思ってもいない形で先制します。
その後、レッズは原口に代えて堀之内を投入。阿部、啓太、堀之内のトリプルボランチがハマります。
直後、啓太→暢久→エジミウソンと繋ぎ、エジミウソンが落とした所に啓太のシュート。ディフェンスに当たって決まり、2点差。終盤、川崎の怒涛の攻めも何とか凌ぎ、勝利しました。
久しぶりの勝利後、実力が試される試合で勝てた事はすごく良かったと思います。
8連敗後の10連勝で優勝できればいいですね!!

↓↓クリック!!
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
[PR]
by alsows-reds | 2009-09-21 13:50 | J.LEAGUE
J1 第20節 浦和0-1清水 @埼スタ
Jリーグ第20節 浦和レッズvs清水エスパルス
2009年8月2日(日)18:03キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ0-1(前半0-0)清水エスパルス
得点者:70分枝村(清水)
入場者数:45,186人
--------------------------------------------------------

最近、見飽きてきたこの対戦カードですが、ここまで1勝1分け1敗。この試合で決着がつきました。
レッズは都築が広島戦以来、平川が開幕戦以来のスタメンで出場しました。
ゴール裏は PRIDE OF URAWA でキックオフ。
序盤はレッズやや優勢。しかし、シュートよりも横パス、バックパスを意識している感じで点は奪えません。
まだスピードアップする瞬間をまだ分かっていない様子。
清水はナビスコ同様で引いてカウンター狙い。清水のカウンターには前半はうまく対応していたと思います。
33分、啓太のサイドチェンジから平川、原口とつなぎ中へクロス。エジミウソンがワントラップしてシュートを放ちますが枠の上。好調のエジミウソンならバウンドさせずにシュートを打っていたと思います。
前半はチャンスはあったと思いますが、0-0で折り返します。

後半は高原のシュートで始まりました。
しかし25分、市川のクロスはそれたように見えましたが、後ろにいた枝村に右足で決められて先制を許します。いいシュートではありませんでしたが、都築が滑ったのか、ディフェンスに当たると思ったのかは分かりませんが、都築の逆に決められました。
失点直後、セルヒオとポンテを投入し、攻撃に厚みをかけます。
それに伴って、清水にカウンターを狙われる回数が増え、ピンチをつくられますが、都築の活躍で2失点目を許しません。
終盤になり、レッズの攻撃の迫力は増しますが、最後の最後でうまく合わず、今日もノーゴール。
0-1でタイムアップ。公式戦4連敗。
ゴール前でパスを最優先しているのがノーゴールの原因でしょうね。もっと強引に行ってもいいような気がしますが…
G大阪戦まで2週間空くので、しっかり休んで、しっかり修正してほしい。

今日一番嬉しかったのは、細貝の初?の半袖。
昨日は雨だったので、長袖でよかったのでは?と思いました。

参戦されたみなさま、昨日は45分ぶっ続けの PRIDE OF URAWA と熱いサポート、お疲れ様でした。
名古屋戦とは少し違った熱い気持ちが伝わってきました。本当にお疲れ様でした。

↓↓クリック!!
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
[PR]
by alsows-reds | 2009-08-03 11:42 | J.LEAGUE
vs大分 @九石 大分1-0浦和
Jリーグ第18節
大分トリニータvs浦和レッズ 
7月18日(土)19:05キックオフ・九州石油ドーム
試合結果
大分トリニータ1-0(前半0-0)浦和レッズ
得点者:82分深谷(大分)
入場者数:24,833人
-----------------------------------------

14連敗中の大分にまさかの敗戦。'05年を思い出すような試合でした。
“ピッチコンディションが悪かった”といいたいところですが、言い訳になるのでこれは言いません。正直な所、そうだったかもしれませんが…。

大分まで行ったサポーターの方々、試合終了のホイッスルが鳴るまで熱いサポートお疲れ様でした。

失点の場面はマークはずれていなかったんですが、深谷のヘディングシュートが見事でした。気迫が伝わってきましたし、豪快でブッフォンでもとめれなかったと思います。それくらいすごかったです。

鹿島が引き分けたため勝ち点差は1増えて9になりました。
清水が頑張ってくれましたね。逆転ムードが出ていたようですが。
他の上位陣は引き分けました。

↓↓クリック!!
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
[PR]
by alsows-reds | 2009-07-18 21:36 | J.LEAGUE
今日、大分戦
今日は、連敗が続いており、最下位の大分戦です。
大分は監督が変わりましたが、今日はコーチが指揮をとるそうです。
大分と言ったら'05年の嫌な事が思い浮かびます。その時と同じような状況ですね…。

そんな事にはならないように、全力でサポートしましょう!!
鹿島にはこれ以上話されるわけにはいかないので絶対に勝ちましょう

大分は8月5日にヤマザキナビスコカップ王者として南米代表のインテルナシオナルと対戦するようですが、大丈夫なんでしょうか?
--------------------------------------------------
Jリーグ第18節
大分トリニータvs浦和レッズ 
7月18日(土)19:00キックオフ・九州石油ドーム


↓↓クリック!!
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
[PR]
by alsows-reds | 2009-07-18 16:30 | J.LEAGUE
サンフレッチェ広島戦動画








↓↓クリック!!
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
[PR]
by alsows-reds | 2009-07-12 10:51 | J.LEAGUE
vsサンフレッチェ広島 @埼スタ 浦和2-1広島
Jリーグ第17節 浦和レッズvsサンフレッチェ広島
2009年7月11日(土)19:04キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ2-1(前半0-1)サンフレッチェ広島
得点者:6分佐藤(広島)、68・84分エジミウソン
入場者数:44,149人
------------------------------------------

レッズはスタメン出場する予定だった坪井が練習中に腰を痛め急遽スタメンを変更し、暢久がCB、代志也がRSBに入りました。
試合はいきなり動きます。柏木に右サイドを突破されタイミングよく走りこんだ佐藤にうまく決められ先制を許します。最近、裏を取られてピンチになる場面がよく見られます。
レッズは連動性がなくボールが全く回りません。対して広島はボールを奪うと佐藤へロングボールという攻撃。前半だけで3失点してもおかしくない内容。
後半に入って代志也に代わってセルヒオを投入。前半よりも運動量が増え、パスが回り始めます。しかし、広島のカウンターに手を焼きなかなかペースを握れません。
そんな中23分、高原が味方クリアボールを拾い、オフサイドラインぎりぎりで抜け出したエジミウソンへ。エジミウソンは冷静に流し込み同点。
レッズはペースを握り、高原がドリブル突破を仕掛けPK獲得。しかし、エジミウソンがポストに当ててしまい逆転ならず。
それでも、これ以上鹿島に離される訳にはいかないレッズは39分、ポンテのFKにエジミウソンがダイビングヘッドで合わせ逆転に成功。
そのまま終わり勝ち点3を獲得しました。

エジミウソンに助けられた感じですね。高原とエジミウソンのコンビネーションがよくなってきましたね。
内容は決してよくないですが、それでも勝てたということはすごく大きなことだと思います。

↓↓クリック!!
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
[PR]
by alsows-reds | 2009-07-11 23:49 | J.LEAGUE
明日、広島戦
レッズは明日、リーグ戦10年負けなしと相性の良い広島と対戦します。
ナビスコでは0-1とスコアは1点差ですが圧倒的な場面を何度もつくられました。
広島は12~14節まで3連勝し上位に上がってきましたが、最近2試合は完封負けと良くはありません。
しかし、あの攻撃陣がいつ爆発するかは分かりません。常に注意が必要でしょう。佐藤の飛び出し、槙野の攻撃参加にはいつも以上の注意をしなければいけなくなると思います。
レッズは、前節出場停止だった暢久が復帰します。しかし、直輝が背中を痛めており欠場濃厚。怪我人が全く絶えない状況です。
それに前節、2ゴールを上げた高原が完全復活。ポンテも45分間出場し、エジも2試合連続ゴール中。広島に負けないくらいの攻撃力が発揮できると思います。
怪我人が出てもやることは同じ。明日はいつものパスサッカーで勝ちましょう。
-------------------------------------------------
Jリーグ第17節 浦和レッズvsサンフレッチェ広島
2009年7月11日(土)19:04キックオフ・埼玉スタジアム


↓↓クリック!!
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
[PR]
by alsows-reds | 2009-07-10 20:37 | J.LEAGUE
vsモンテディオ山形 @ND山形 山形2-3浦和
Jリーグ第16節
モンテディオ山形vs浦和レッズ 
2009年7月4日(土)19:04キックオフ・NDソフトスタジアム山形
試合結果
モンテディオ山形2-3(前半1-1)浦和レッズ
得点者:24分古橋(山形)、44分エジミウソン(PK)、47・82分高原、79分宮崎(山形)
入場者数:20,102人

J1で初めて山形と対戦しました。レッズは暢久が出場停止、坪井が怪我で欠いていますが前節に続き阿部がCB、峻希がRSBに入りました。足に違和感があり、前日やっと合流した直輝はベンチスタート。代わりにセルヒオがトップ下です。

前半レッズは連動性がなく、相手陣内ではなかなかパスが繋がりません。それに対し山形はシンプルな攻撃でレッズゴールを脅かします。
24分、左からのクロスに古橋に決められ先制されます。このシーンは峻希が残っていたのでオフサイドではありませんでしたね。
その後もパスはよく回りませんでしたが、44分FKで競った闘莉王がバックチャージを受けPK獲得。エジミウソンが右下にきっちり決め同点。1-1で折り返します。

後半、永田、原口を下げポンテ、西澤を投入します。
後半2分、闘莉王、セルヒオ、エジミウソンが繋ぎ高原へ、強引に切り込んでいき角度のないところでニアサイドに決め逆転。高原の見事な得点でした。
ポンテ、西澤が入った事により、前線で溜めができ、攻撃パターンが増えました。
しかし、追加点が奪えない時間帯が続き、34分に守備を崩され同点に追いつかれます。
難しい展開になりましたが3分後、オーバーラップした闘莉王の豪快なシュートに素早く高原が反応し頭でコースを変え勝ち越しに成功します。
最後は危なげない場面を凌ぎ切り2連勝を収めました。




高原は試合ごとに良くなっていますね。高原らしい2得点は最高でした。これからもゴールを期待してます。
それにポンテが45分間出場しました。ポンテがいるのといないのでは大違いです。これからの活躍を楽しみにしています。


↓↓クリック!!
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
[PR]
by alsows-reds | 2009-07-05 15:01 | J.LEAGUE
vs神戸 @駒場 浦和2-0神戸
Jリーグ第15節 浦和レッズvsヴィッセル神戸
2009年6月27日(土)16:03キックオフ・浦和駒場スタジアム
試合結果
浦和レッズ2-0(前半2-0)ヴィッセル神戸
得点者:2分エジミウソン、42分高原
入場者数:18,777人

気温35℃、湿度38%というコンディションで行われたこの試合。
レッズは坪井が欠場し、阿部がCB、ボランチに細貝、SBには永田が入りました。

試合の方はいきなり動きました。左サイドで永田、原口起点を作り、右サイドへ。直輝が折り返し細貝のシュート。枠を外れますがエジミウソンが飛び込んで先制。
完全に相手を揺さぶり、1つ目のチャンスをものにしました。
前半、神戸には全く危ない場面をつくられることがありませんでした。
終了間際に原口→エジミウソン→高原とつなぎ左足の豪快なシュートが決まり2点目。受けてからの振りが速く、コースも絶妙なところに決まりました。このゴールで高原は乗った感じでした。

後半は試合のスコアは動きませんでしたが内容では浦和が神戸を圧倒し楽しませてくれる試合でした。
横浜戦とは違い、運動量が豊富でパスも回り、とても安定した内容でした。

細貝のボランチには絶大な信頼をフィンケ監督は得たでしょう。
駒場でとても熱いサポートお疲れ様でした。

↓↓クリック!!
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
[PR]
by alsows-reds | 2009-06-27 18:51 | J.LEAGUE
vs横浜FM @埼スタ 横浜2-0浦和
2009Jリーグ第14節
横浜F・マリノスvs浦和レッズ
6月21日(日)14:00キックオフ・日産スタジアム
試合結果
横浜 F・マリノス2-0(前半0-0)浦和レッズ
得点者:59分渡邉(横浜)、65分山瀬(横浜)
入場者数:40,228人

---------- -都築-------------
-暢久--坪井--闘莉王--細貝-
------------------------------
--------啓太---阿部---------
-----直輝--------- 原口-----
-----------------------------
--------高原-----エジ-------

レッズはこんな布陣。
対する横浜は中澤が欠場、山瀬、渡邉、坂田のスリートップ。

序盤はレッズがいつもの様に素早いパス回しで攻勢に。横浜は中盤で奪ってロングボールで前線へ。と言う攻撃が目立ちました。
レッズがボールを回していたのも前半30分ぐらいまで。それからは横浜ペースで試合が進みます。
前半終了間際、ゴール前で山瀬がキーパーをかわしシュート。至近距離からそれを細貝が頭でクリア。入っても全くおかしくないプレー。それからゴール前の混戦を何とかも防ぎ前半を折り返します。

後半に入りミスが続きます。14分、オフサイドトラップミスで裏を突かれ坂田の折り返しを渡邉に決められ失点。20分には完全に崩され山瀬に追加点を献上。
その後も攻め立てられ反撃できません。パス一本もつながらないまま試合終了。完敗でした。

ナビスコ3連勝の勢いはどこへ行ったのかと言う感じでした。代表組はやはり疲れていて休ませておいた方が良かったのかもしれません。阿部は試合中は完全に消えていました。闘莉王も何かが違いましたね。

次節は 6月27日(土) vsヴィッセル神戸 @駒場 です。

↓↓クリック!!
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
[PR]
by alsows-reds | 2009-06-22 17:07 | J.LEAGUE